2011.05.13

5社様のプレゼン

2011年5月13日(金)

本日、14時10分からSUUMOカウンターで
5社様のプレゼンを聞きました。

各社の受け持ち時間は、それぞれ50分です。

条件に出しておいたのは

●太陽光発電
●バリアフリー
●かわいらしい洋風(ナチュラル・カントリー)
●1Fに介護用洋室と和室
●アイランドキッチン
●2Fに和室を2つ

などです。

早速、プレゼンスタートです。

1社目は「D社」です。
営業部長さんがいらっしゃいました。

プランはとても良かったのですが
こちらが条件に出していた「太陽光発電」が
見積金額に入っていませんでした。

「太陽光発電」を入れてしまうと
1,950万円の予算を超えてしまう為
入れられなかったようですが、この時点で
アウトでした。こちらの希望は太陽光発電も入れて
1,950万円でお願いしているのですから。

2社目は「Y社」です。
社長さんがいらっしゃいました。

こちらの会社は問題外でした。
何とプランと見積金額を持って来るのを忘れていたのです。

かなり経ってから、プランと見積金額が
FAXで送られて来たのですが、それまでの間
私の個別ファイルを見ながら
「ご両親様はお二人ですか?」などと
なんともトンチンカンな質問を繰り返す始末です。

という訳で、送られた来たプランや見積金額を
見せられながら説明をされても聞く耳持たずという感じで
上の空状態でした。

3社目は「K社」でした。
営業マネージャーさんがいらっしゃました。

予算の1,950万円を超えていた点と
「うちの会社の社長は、見積りを見せたら
すぐに契約を取れっていうタイプだから
詳しい見積金額は出せないんです。」と
おっしゃり

その営業マネージャーさんが書いて来た
大雑把な見積金額を提示されましたので
この会社は無理だと思いました。

4社目は「S社」でした。
社長さんがいらっしゃいました。

こちらの会社のプレゼンは完璧でした。
プラン自体もそうですが、会社概要や
施工実績の説明を受けている時
社長のおっしゃっている事が全て
納得出来、とても信頼出来たのです。

“この社長は嘘をつかない。
この会社になら家づくりを任せられる。”と
ピ~ンとくるものがありました。

5社目は「A社」でした。
取締役と設計部長さんがいらっしゃいました。

唯一、2名でいらっしゃったのが「A社」だったのですが
2名でいらした意味があるのかと思う程、取締役の方は
ほとんどダンマリ状態で

設計部長さんがプランの説明をするのみに終わり
“うちの会社はこうなんだ。これが強みなんだ。”と
いうような説得力に欠けたプレゼンでした。

見積金額自体は一番安く
とても魅力的でしたがね。(^^)


全てのプレゼンが終わり、アドバイザーのTさんが
「どちらの会社が良かったですか?」と質問して来て
娘と揃って「S社」と答えていました。

実は、プレゼンを受ける迄は「K社」が一番良いと
思っていました。

実家から一番近かった事と
学校や店舗などを建築した実績もありましたので
安心出来そうだったからです。

ところが、実際にプレゼンを聞いてみましたら
「K社」だけはありえないと思いました。
何故って、詳細な見積り金額を提示しないって
ありえないでしょう。

ですから、紙によるデータなどが
いかにあてにならないものかという事を
今回、改めて実感致しました。

実際に会って、自分の目で見て、耳で聞いて
沢山の言葉を交わして、一番信頼出来そうな会社さんを
選ぶ事がとても重要だと思いました。

次回、5月26日(木)10時から
各社様と1時間30分ずつの予約をし
アンケートに回答して、17時30分頃終了しました。

応援して下さるととっても嬉しいです。(^^ゞ
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ


スポンサーサイト



Posted at 19:37 | 依頼先探し | COM(0) | TB(0) |