2011.09.15

やっぱり、「SBI住宅ローン」にしようかな。

今日、「楽天銀行」から書類が特定記録で届きました。

ローンの「承諾通知」だと思っていたのですが
借入申込書等のお客様控えが戻って来ただけでした。(*_*)

住宅ローンの借入先を「SBI住宅ローン」にするか「楽天銀行」にするかで
迷っていて、融資事務手数料が「SBI住宅ローン」の半額の「楽天銀行」が
いいな~と思っていたのですが、最近、またやっぱり「SBI住宅ローン」が
良いかな~などと思い始めました。

融資事務手数料だけで比べますと、楽天銀行の方が178,500円安いです。
約20万円であり、これは大きな差ですよね。

ところが、保険など保障面を見た時、やはり、「SBI住宅ローン」の方が
優れていると思ったんです。

「楽天銀行」の場合、「三大疾病付機構団信」に加入する予定ですが
借入額100万円あたり5,470円ですから、1,700万円借り入れする
私の場合は初年度92,990円かかります。

その他、所得補償保険というのがあるのですが
失業した場合、毎月のローン返済額を保障してくれるとの事ですが
私の場合、毎月のローン返済額は5万円程度であり
この程度なら貯蓄で十分まかなえると思うんです。

反面、「SBI住宅ローン」の場合なら、借入額100万円あたり3,580円かかる
「機構団信」に加入するつもりであり、1,700万円借り入れする
私の場合は初年度60,860円で済みます。

そして、何と言っても魅力的なのは
「SBI住宅ローン」には「8疾病保障特約」がある点です。

下記が「8疾病保障特約」の特徴です。

●病気やけがで入院した時(8疾病に関わらず)
10万円が一時金で支払われます。

●8疾病により就業不能状態が続いた時
毎月のローン返済額を保障してくれます。

●8疾病により就業不能状態が12カ月を超えて継続した場合
ローン残高が「0」になります。

「8疾病保障特約」は19,200円であり、料金的には
「三大疾病付機構団信」に入るよりも「機構団信」と
「8疾病保障特約」に加入した方が安くなるんです。

更に現在、私は医療保険に加入(月払い2,115円)しているのですが
「8疾病保障特約」に加入したら、こちらを解約しようと思っています。

病気やけがで入院した時(8疾病に関わらず)に10万円が一時金で
支払われるのはポイント高いです。

過去、何度か入院した事がありますが、いずれも2週間以内に退院しており
日額5,000円で70,000円程度しかもらう事が出来ず、10万円を一時金として
もらえるなら十分だと思うのです。

しかも、月額2,115円ですから年間25,380円の節約。
10年間で253,800円の節約になります。

こう考えますと、融資事務手数料の178,500円の差も
逆転するのではないかと思うようになりまして。

いずれにしても住宅ローンは、金利や事務手数料だけでなく
トータルでいくらかかるかを考えた方が良さそうですね。

応援して下さるととっても嬉しいです。(^^ゞ
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

スポンサーサイト



Posted at 23:19 | 住宅ローン | COM(0) | TB(0) |