2012.01.23

そうか!!こうやって利益を得ていたのか!!

先日、「S社」の担当さんから「東電の引き込みをするのに
東電から電気料金の明細書が必要と言われましたので
メールで送って下さい。」と依頼がありましたので
父から預かり、見たんですけれどね
料金を見てビックリしちゃいました。

11月7日に着工した我が家の場合ですと
12月分と1月分は、工事で使用した電気代は
全額、請求書に含まれている訳ですが

30Aで契約している電気料金は・・・

12月分が3,532円

DSC06337.jpg

1月分が5,068円でした。

DSC06339.jpg

ちなみに、11月分はたったの1,275円でした。

DSC06334.jpg

実は、実家には家と同じくらい大きな倉庫があり
父は農家仕事をするのに、電気・水道が必要な為
工事期間中もそのまま使えるように残しておいたんです。

という訳で、建築会社さんに「電気・水道を残しておきますので
仮設電気代等を値引きして下さい。」と頼み
その分、お値引きして頂きました。

当然のことながら、父には工事中に使用された電気代・水道代が
請求されてしまう訳で、相当、高額な請求が来ているんだろうなと
思っていたものですから、この金額を見て拍子抜けしてしまったという訳です。

と同時にその瞬間“そうか!!建築会社さんは
こうやって利益を得ているんだな。”と思ったのでした。

我が家がお値引きして頂いた金額は下記になります。

●東電申請及び引き込み代・・・35,000円

●仮設電気代・・・40,000円

●仮設水道工事代・・・25,000円

●仮設水道代・・・30,000円

●仮設電柱工事代・・・37,000円

5社様と面談し見積金額を見た時に、どこも似たような金額でしたから
多分、これ位が相場なのかもしれませんが、実際にかかっている金額より
遥かに高い金額が請求されてしまうという訳ですよね~。

上記の値引いて頂いた金額は、それぞれ11月~2月までの
4ヶ月分の合計金額ですから、1か月の仮設電気代は10,000円で
計算されている訳です。

けれど、父が倉庫の中に入る時には、勿論、電気をつけていたでしょうし
倉庫の入口には、人感センサー付きのライトがついていますから
夕方、大工さんが歩く度にライトがついていたはずです。

ですから、工事に使用された電気代は
実際には、更に安かったと考えられます。

2月中旬に家は完成する予定ですから
2月分の電気代はもっと安くなると思われ
実質、4カ月間の電気代は、1万円ちょっとで済むと思います。

ちなみに、実家の敷地には4つの立水栓があり、全て井戸水なのですが
水道代は、年間を通して2カ月分で1,491円です。

水道代の明細は見ていませんが、大工さんにも井戸水を
使用してもらっていますから、きっと1,491円で
おさまっていると思います。

家1軒で建築会社さんには、建築代金の2~3割位が
利益になるらしいですが、見積書を見ただけでは
パッと見、どの部分が利益になっているか分かりませんよね。

でも、こうやって小さな積み重ねの繰り返しが
とてつもなく大きな利益を生み出しているのでしょうね。(^_^)

応援して下さるととっても嬉しいです。(^^ゞ
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 ローコスト注文住宅(施主)へ

スポンサーサイト